お葬式の弔辞の書き方とルール

弔辞はお葬式の大事な欠かせない事柄の一つですが、弔辞にも書き方、奉読のルールがあります。いつか自分が送るかも知れないその時のために知っておくと良いでしょう。弔辞は正式には大判の巻紙か奉書紙に縦書きで書きます。昔は毛筆で書くのが当たり前でしたが、現在はそこまで厳密ではありません。時間にして、およそ5分以内で奉読できればよいとされています。目安として400字詰め原稿用紙に2枚ほどです。書き終わったら上包み用紙を別に一枚用意し、それを左前に3つ折りにして、表面に弔辞もしくは弔詞と記します。

弔辞を書く上でやってはいけない事は、苦しいなどの言葉や、数字の九、四など縁起の悪いことに繋がる忌み言葉を使うことです。同様に、くれぐれも、重ね重ねなどの重ね言葉もダブーとされています。また自分の気持ちを綴るにしても遺族や参列者が不快に思う言葉や、故人の死因を詳しく描写するなどの不適格な書き方も避けたほうが無難です。心に残るエピソードや故人の人柄が偲ばれるような話、最後に遺族の励ましになるようなまとめ方をすると良いでしょう。奉読する際にも作法があり、用意した弔辞はふくさに包んで持参するのが正式です。名を呼ばれたら祭壇の前に進み、まず僧侶、遺族の順に一礼し、次に遺影に一礼し、丁寧に上紙から本文を取り出し読み上げます。

昔は難しい熟語や装飾文を用いて弔辞を奉読したようですが、さすがに今のお葬式ではそこまで厳しくはありません。ですが上記に述べたように禁忌事項に気を付け、しきたりや作法に沿ってあくまでも故人を偲びご冥福を祈る気持ちで、弔辞を捧げましょう。