お葬式の前に準備しておくこと

人は生きている以上いずれは亡くなります。いざという時に慌てないために事前に準備をしておきましょう。まずはお葬式をお願いするお葬式社選びです。お葬式会場、遺族の控室及び病院からのご遺体の搬送手配、手続きなど総じての価格を確かめておいて自分達の希望に沿ってくれる所を選ぶと良いでしょう。家族だけでひっそりと行いたい場合は家族葬というものがあります。これはかかる費用も安価で行えるので、核家族化が進んだ現在では、家族葬を希望する遺族が多いようです。お葬式社以外ではお寺でも行ってくれます。それから僧侶の手配もしておかなければなりません。お寺の檀家であればそちらに頼むのが普通ですが、無い場合はお葬式社に頼むと手配してくれます。役所などの手続きも今はお葬式社がやってくれるところが多いので、頼める場合はお願いしておきましょう。

お葬式用の喪服や数珠の準備も必要です。日頃から手入れ、準備をしておきましょう。お葬式の時の受付の係や弔辞を読んでもらう人も決めておかなければなりません。弔辞の場合は文の書き方もあるので、もしもの時のお願いをしておきましょう。僧侶に渡すお布施の用意も忘れずにやっておきます。宗派などにより戒名代とお布施と別々の書き方や渡し方があり、通夜と告別式で別々に渡す場合とまとめて渡すところがあるので、これも前もってお寺やお葬式社と金額など打ち合わせをしておくと良いです。

初めて自分達がお葬式をするときは、準備をしていても手抜かりが生じます。そのため、身内や親戚にお葬式事に詳しい人がいたら相談するのも良い方法です。