現代のお葬式のありかた

昔と今では随分とお葬式のやり方も形式も変わってきています。昔はほとんどの家庭が自宅でお葬式を行っており、上下の差こそあれ往々にして、厳粛で煌びやかなものでした。現在ではほとんどがお葬式社でお葬式を行います。どの家庭も一般的なお葬式プランを選び、お葬式はお金をかけるものという昔の意識が、今は遺族ができる範囲で行うという形になってきているのです。その典型が家族葬というものです。人付き合いもあまり無く費用もできるだけ抑えたいなど、本当に家族だけで送りたいという現代の新しい方法です。

弔辞の書き方も今は形式というよりは、固くならず普通の敬語で分かり易い書き方のものが主流で、故人への感謝や在りし日の思い出を綴るものが多く見受けられます。人によっては弔辞は無しで喪主の挨拶のみという場合もあるようです。またお葬式で生前故人が好きだった曲を流したり、装束も死に装束ではなく本人が一番気に入ってた服を着させるという、今ならではのお葬式のやり方もあるようです。

過去のお葬式は作法に厳しく、遺族よりは先祖や家柄重視のお葬式でした。そのため身内の年寄りの指図に従うのが当たり前の事でした。現代のお葬式では残された家族の希望や故人の遺志を一番に考えお葬式を取り行います。それは遺族たちが自分達の今の生活を崩すことなく、後を引き継いでいくための、今の時代だからこそ出来るやり方なのではないでしょうか。亡くなれば人はいずれ仏様になり、そこに姿かたちは無くなります。ですがその人と培ってきた思い出は残された人が忘れない限り、心に残りいつまでも語り継がれます。そのために、大切な人をあの世に送り出す儀式がお葬式でありその後の法要なのです。