お葬式の弔辞の書き方

お葬式で行う事柄

お葬式で行う事柄 お葬式は、故人の在りし日の人柄を偲び冥福を祈る日本人が古来から行ってきた大切な儀式の一つです。地域により多少違いがありますが、通常、通夜と告別式という2日間の形式で行われ、仏教でいう極楽浄土への旅たちの儀式を行ないます。お葬式には、一般的にお葬式社で行うものと、親族や親しい友人のみで行なう、いわゆる家族葬というものがあります。最近はお葬式社でも家族葬を取り行っていますが、どちらの場合もお葬式を依頼するにあたり 、空き状況やお坊さんの手配などの準備を考慮して、事前にお葬式の打ち合わせをしておくことが肝心です。またお葬式の喪主や弔辞をお願いする人、お葬式当日の受付係などをあらかじめ決めておきましょう。事前に身内や親戚と話し合っておくと当日慌てなくてすみます。お葬式には故人の親戚縁者はもちろんですが、家族の会社関係にも連絡しておかなければいけません。遠方の親戚など、すぐに来れない人達へも当日の動きが取れやすいように、前もって連絡をしておくとよいかもしれません。

お葬式に参列する場合は、遺族側から聞いたお葬式会場の場所の確認や時間に遅れないようにしましょう。斎場によっては送迎車を出してくれる所があるので、車の手配も確認しておくと良いです。お葬式は通常、仏教仕様で行うことが一般的ですが、宗教や宗派によりやり方がそれぞれ違うことがあります。その場合は遺族などに確認し、間違ったことをしないように注意しなければいけません。キリスト教などの場合、葬儀場で正しい焼香の仕方などを教えてくれるので、その指示に従って行うようにすれば問題はありません。お葬式のときは服装や出で立ち、言動に注意し、故人のご冥福を祈る気持ちで参列して、遺族に対し失礼のないようにしましょう。また、参列者の代表が行う弔辞の書き方、参列できない時に送る弔電の書き方などは、禁忌とされている言葉は避け、故人との思い出や遺族へのお悔やみの言葉などを添えて送りましょう。

前もって準備をしていても、実際亡くなってしまうと遺族は力を無くし気が動転してしまいます。身内や親戚のサポートは家族の力になりますから皆で協力してあげることが大切です。最近は身寄りが無かったり疎遠だったりして、火葬のみという人もいるようです。いずれにせよお葬式は亡くなった人の弔いであることを忘れてはいけません。縁があって係わったその人の供養は、どんな形であれ、きちんとしなければいけないことであり、次の世代に伝えていく、人としての大切な儀式であり務めでもあるのです。

〔トピックス〕